傷跡を残さないほくろ除去術

Micro surgeryを用いた極限まで傷跡を残さない、当院が開発した独自の手術法、「ノースカーメソッド」を行っています

「ノースカーメッソドによるほくろ除去術」

大きなほくろを傷跡を残さずに取り去る事に特化した治療を行っています。

 形成外科・美容外科の技術を結集し、micro surgeryを用いて、「ほくろ」を、傷跡を極限まで残さずに綺麗に切除しています。

長年気になっていた、悩んでいた大きなほくろを傷跡を残さずに除去することで、特に芸能関係の方から大変喜ばれている手術です。

一般的なほくろ治療の問題点

料金

1回 5万円(5ミリまで、治療方法により料金の変動があります)〜

+3000円/1mm

 

隆起型のほくろ場合は綺麗に切除を希望される場合はオプション料金があります。

 

・ほくろ(黒子)とは

 

ほくろ黒子)は、医学的には、メラノサイト(メラニン色素を含む細胞)が、集まってできたものです。

これらは良性のいわゆる「ほくろ」です。

 

種類によって、黒子(こくし、lentigo)、色素性母斑(pigmented nevus)、母斑細胞性母斑(nevus cell nevus)とも呼ばれます。皮膚の深い場所でメラノサイトが増殖すると、青色母斑という表面から青く見えるほくろもあります。

 

・「ほくろ」と呼ばれていることもある「脂漏性角化症」

 

また「脂漏性角化症」という良性のできものを「ほくろ」と呼んでいることもあります。

これは脂漏性角化症というできものです。

 

・皮膚がんと見分けが難しい「ほくろ」

 

このように「ほくろ」は良性のほくろが多いですが、中には、基底細胞癌やメラノーマ(悪性黒色腫)などの皮膚がんも存在するので、注意が必要です。

下は基底細胞癌とメラノーマの写真ですが、よく注意しないと、ただの「ほくろ」と見分けるのは困難です。このような皮膚がんを見落としてしまって本来してはいけない治療をしてしまったという事が、実際には多く報告されています。(大手美容クリニックで癌を”ほくろ”と診断され、癌の治療が遅れてしまった方を大学病院などでたくさん見てきました)

これらは基底細胞癌という皮膚癌の写真です。

 

皮膚ガンをきちんと見分けたうえで、きれいにほくろを除去する、ということが大切です。

症例写真

首の細かいほくろをradiowaveを用いて、除去しました。

綺麗に治ります。


TEL:

日曜日と月曜日は休診です。web問い合わせlineの問い合わせは受け付けています。

銀座クリニック 問い合わせ
銀座クリニック 問い合わせ

お問い合わせはlineからも受け付けております。

肌 幹細胞治療
幹細胞治療
幹細胞治療
幹細胞治療

歯科矯正で有名な宇都宮先生が当院で幹細胞治療を受けられました。

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

新サイトはこちら