ソシャゲ、ゲーム依存症脱出治療プログラム

現代社会は、様々な依存症に悩んでいる人がいます。ギャンブル依存、ゲーム依存、ソシャゲ依存、ホスト依存など、様々な依存症に苦しんでいる人たちがいます。

依存症は、病気です。

依存症は、立派な病気です。しかし、今まで、有効な治療法がなかったが事実です。いまや医学の発展により、医学的に治すことが可能になのです。

ゲームへの課金をご自分の意思では、制御できなくなっているあなた、このままでは、人生が破滅してしまいます。ご家族までを苦しめてしまう可能性があります。

 

ですが、安心してください。医学の進歩により、治療ができないと思われたソシャゲ依存症への治療が可能になりました。

ゲーム依存症、中毒、ソシャゲ依存症、中毒とは

 中毒とは、本来快楽、幸福感のが、それがないと不安、苛立ちなどのネガティブな反応

 

これらの3つの段階は、経験、時間とともにより激しくなり、最終的には中毒として知られる病的状態になります。

 いろいろな中毒は、種類および使用期間に依存して、明確なパターンの中毒を生じます。「ユーザー」から「使用過多」に移行してから「中毒」に移行すると、本来快感のために動機付けられた行動を推進する積極的なポジティブな理由から、その中毒の行動をしなければならない、しないと否定的な感情が起こる否定的な強化にシフトが生じます。

 

中毒の進行は、薬物誘発神経可塑性の長期変化をもたらす正常な脳回路の変化を伴ってしまい、医学的な治療を行わない限りは、回復が難しくなります。重要な神経伝達物質(γ-アミノ酪酸、グルタミン酸、ドーパミン、オピオイドペプチド、セロトニン、アセチルコリン、エンドカンナビノイド、コルチコトロピン放出因子)および神経回路(すなわち腹側被蓋領域、側坐核、扁桃体、小脳、前頭前野),慢性的な薬物使用の影響を受ける主要な細胞機構および回路、ならびに環境ストレス要因、発達の軌跡、およびこれらのメカニズムに対する遺伝的要因の影響をよりよく理解することにより、習慣性プロセスの理解が必要になります。

日本初、医学的ソシャゲ依存症離脱治療

ソシャゲ依存症の治療は、まず、ゲームをしなければいけないという脅迫感を抑える事から始まります。脅迫感を生み出す、

TEL:

日曜日と月曜日は休診です。web問い合わせlineの問い合わせは受け付けています(休診日はご返信は遅れる場合があります。)

友だち追加

lineの問い合わせの場合、氏名、電話番号が必須となります。匿名でのline問い合わせの場合、問い合わせ後こちらから症例写真等の一斉配信が配信されるケースがございますので、あらかじめご了承ください。

東京銀座クリニック 問い合わせ
東京銀座クリニック 問い合わせ

お問い合わせはlineからも受け付けております。

自分で肌の手術を行いました⬇️

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

新サイトはこちら