新たな傷跡を作らない新しい眼瞼下垂治療

メスを使わない、画期的眼瞼下垂治療

従来の眼瞼下垂の手術では、線状の手術跡が残る、脂肪、筋肉の切除による凹み、そして「やった感」「不自然感」が残るというデメリットがあります。

そこで、そのようなデメリットを解消すべく、メスを使わず、線状の傷跡を残さない治療を導入いたしました。

 

メスを使わずに、どうやって余分な皮膚を取り去るのか。

これには、医学の発展が必要でした。

 

ここでは余分なたるんだ皮膚を圧縮する画期的な治療法のブレイクスルーにより、それを可能にしました。

 

もちろん、メスで眼瞼を切り取る事はせず、糸で縫って固定する必要もありません。

 

術後は塗り薬か、テープを1〜2週間つけておくだけです。

 

そして、なんと、眼瞼下垂だけではなく、皮膚の圧縮により、上まぶた(上眼瞼)、下まぶた(下眼瞼)、目尻の皺も改善していく事が可能なのです!

 

医学的な内容の質問に関しては、お電話での対応は行っておりませんので、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

初診の方で、治療も同時に予約される方はお電話の受付もしております。予約の際にメールアドレスが必須になりますので、そのご準備をお願いいたします。

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加