小陰唇縮小手術の傷跡治療

小陰唇縮小手術で問題となる、切開線、縫合線の修正を行っています。手術をしたとはっきり分かってしまう、色調のミスマッチの修正を行っています。

今までの。もっとも広く行われている切開切除法で問題となるのは、左図のような野球ボールが連なったような縫合跡が出来ることです。これでは、明らかに手術で切りとったことが分かってしまいます。

現在までの、小陰唇切除は、左図のようにシンプルに切除する方法が主流でした。

この場合問題となるのは、切除に伴う傷跡と、切除面の周囲の色との不一致です。

小陰唇縮小手術の傷跡、縫合跡に対する治療

当院では、小陰唇の傷跡、縫合跡に対する治療を行っています。

縫合跡の治療では、切り取りとり過ぎてしまった組織を再生医療により、再生させ、ふっくら、元通りにしていきます。

小陰唇縮小術による色調のミスマッチの治療

また小陰唇手術により、色調のミスマッチがある場合、黒く色素沈着が生じている部分を取り除くことにより、全体の色調を均一化させます。

TEL:

日曜日と月曜日は休診です。web問い合わせlineの問い合わせは受け付けています(休診日はご返信は遅れる場合があります。)

友だち追加

lineの問い合わせの場合、氏名、電話番号が必須となります。匿名でのline問い合わせの場合、問い合わせ後こちらから症例写真等の一斉配信が配信されるケースがございますので、あらかじめご了承ください。

東京銀座クリニック 問い合わせ
東京銀座クリニック 問い合わせ

お問い合わせはlineからも受け付けております。

自分で肌の手術を行いました⬇️

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

新サイトはこちら