妊娠線へのMicroSurgery

妊娠線とは、妊娠や美容整形をきっかけに、細胞外基質、コラーゲン束が破壊され、萎縮性の傷跡として残ります。クッシング症候群などの病気や、ステロイドの長期投与によっても生じることが確認されています。詳しい原因はまだよく分かっておりません。

生じる場所は、胸、臀部、太もも、腹部と決まっています。

左図のように、コラーゲンの束がぶつ切りになり、凹んで萎縮してしまっています。

ターズ式妊娠線への Micro surgeryによるダイレクト切除術

当院では、現在の医学でもっとも最新の治療法であるMicrosurgeryを組み合わせたものを行っています。

 

 

皮膚の萎縮が強い重症のものの場合は、Microsurgeryによる妊娠線ダイレクト除去術を行っています。

レーザー治療との違い

レーザー治療との違い、それは治療効果の確実性です。

TEL:

友だち追加

Lineからのご質問もお受けしています。

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新サイトはこちら