イボ

老人性のイボ、脂漏性角化症へのMicro laser surgery

老人性のイボ、脂漏性角化症

老人性のイボ、脂漏性角化症とは:50歳異常の方の90%以上に見られる病態ですが、若年(10代などでも)見られます。

老人性のイボ、脂漏性角化症の原因:紫外線による遺伝子損傷、もしくは皮膚炎からの発生が考えられていますが、紫外線を浴びない部分にも発生します。成長因子の受容体、FRFR3と言われる遺伝子に変異があると言われております。老人性のシミから発生する事もあります。シミとイボの違いは大雑把に言うと、盛り上がっているかいないかです。老人性のイボ(脂漏性角化症)は放置すると皮膚癌が発生する事があります。炎症をもつと苔癬様角化症という病気に発展する事があります。

 

老人性のイボ、脂漏性角化症の症状:大きさは1mm~数cm。色調は肌色、黄色、グレー、茶色で、扁平〜隆起性の病変です。炎症をもつと赤くなり、周囲に湿疹を生じる場合があります。あるエリアに集中的に出来る事があります。

 

老人性のイボ亜型:

老人性のシミ

黒色丘疹性皮膚病

stucco角化症

巨細胞棘皮癌

老人性のイボと内臓の癌の関係:老人性のイボが急に大きくなった、何個もでてきたという場合は、まれに内臓(消化器)の癌が隠れている事があります。leser-trelat signと呼ばれているものです。当院では、最新のDNA検査により、ごく初期の消化器癌を検知する事が可能ですので、疑わしい場合はこちらの検査も受ける事が可能です。

老人性のイボと皮膚癌との関係:老人性のイボは皮膚癌との分別が難しい場合があります。一般的には、ダーモスコピーと言われる拡大鏡で病変を見て、疑わしければ、切除して、専門的な癌特異的な検査に提出します。

TEL:

日曜日と月曜日は休診です。web問い合わせlineの問い合わせは受け付けています。

銀座クリニック 問い合わせ
銀座クリニック 問い合わせ

お問い合わせはlineからも受け付けております。

肌 幹細胞治療
幹細胞治療
幹細胞治療
幹細胞治療

歯科矯正で有名な宇都宮先生が当院で幹細胞治療を受けられました。

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

新サイトはこちら