ESCの役割

皮膚の再生能力は、ESCに依存する。 ESCは、特定の微小環境、幹細胞のニッチに属し、その活動と運命を制御している。今日までに同定された3つの異なるESCニッチがある:毛包(HF)の膨らみ、皮脂腺の基底、および表皮基底層である。通常の恒常的な条件下では、個々のESCニッチはそれぞれの組織を補充する。

 

IFE内では基底層の低サイクリング幹細胞を含む階層が存在することが提案されており、基底層を介して上昇するにつれて、分化する前に限られた数の分裂を経るtransit amplifying細胞の集団を産生する。

 

1つの前駆細胞が2つの未分化基底細胞、2つの末端分化細胞、または各タイプのいずれかに分裂する能力を有する代替モデルが提示されている。最近の証拠は階層の概念を支持し、長期間の組織修復を行うのIFEの低サイクリング細胞であり、transit amplifying細胞ではない

TEL:

日曜日と月曜日は休診です。web問い合わせlineの問い合わせは受け付けています。

銀座クリニック 問い合わせ
銀座クリニック 問い合わせ

お問い合わせはlineからも受け付けております。

肌 幹細胞治療
幹細胞治療
幹細胞治療
幹細胞治療

歯科矯正で有名な宇都宮先生が当院で幹細胞治療を受けられました。

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

新サイトはこちら