ケラチノサイトの移動

皮膚損傷時に、皮膚のバリアが破壊されると、好中球、単球、マクロファージが傷害部位に動員され、その後、ケラチノサイトが活性化されます。 活性化されたケラチノサイトは、再上皮化、すなわちK6およびK16の発現によって特徴づけられ、ケラチノサイトが創傷内に移動して欠損部を満たすことを可能にします。

TEL:

友だち追加

Lineからのご質問もお受けしています。

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新サイトはこちら