修復される組織とされない組織

現在、組織修復を下支える分子メカニズムと治癒しない細胞のそれは、依然として十分に理解されておらず、治療法は限られている。

 

外傷、外科手術、急性疾患、または慢性疾患の状態の後の創傷治癒の難しさは、毎年世界中の何百万人もの人々に影響を及ぼし、炎症、血管新生、マトリックス沈着および細胞漸増を含む健康な組織修復応答の不完全な要素の結果である。

 

これらの創傷治癒のプロセスの失敗は、すべての創傷治癒病変に頻繁に関連し、血管疾患、糖尿病または老化などの基礎となる臨床状態に関連することになる。

 

身体の自然修復機構を改善する可能性のある治療法を探ることは、修復および再生の基本的な生物学の徹底的な理解に基づいている必要がある。

TEL:

友だち追加

Lineからのご質問もお受けしています。

当院では、1人の患者様が受診、治療されている時は、緊急時を除き、並列して他の患者様を診察、治療することはありませんので、ご安心ください。

 

医学的な内容の質問に関しては、メールでお問い合わせください。

問い合わせ多数につき対応が追いついておりませんので、メールの返信が数日遅れる場合がございます。

 

  ⬆web予約

逓信病院総合診療科をご紹介する場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新サイトはこちら